両親の離婚後、ほとんど交流のなかった母親の相続放棄を行いたい

状況

両親の離婚後、お母様とほとんど交流がなかったのですが、お母様が余命宣告を受けた後、入院の手続きやアパートの解約手続き等をご長男さんが行っていました。
お母様は生前に「もう借金はない」と言っていましたが、以前に借金をしていたことがあり、ご長男さんは不安でしたので、ご次男さんともご相談をされ、相続放棄をすることになりました。

しかし、お母様は太田市に住んでいましたが、ご長男とご次男は遠方にすんでいるため、どのように手続きをしたら良いかわからずご相談に来られました。

当事務所からのアドバイス

当事務所にご依頼いただいた場合、ご郵送でのやり取りができること、戸籍の取得も代行できることなどを説明させていただきました。
また、お二人が相続放棄をすると、第二順位のお母様のご両親は他界しているので、第三順位であるお母様の兄弟姉妹が相続人となることも併せて説明させていただきました。

 

結果

ご長男とご次男の相続放棄をしたあと、お母様の兄弟姉妹も相続放棄をすることでご依頼を頂きました。

この記事を担当した司法書士

司法書士法人リーガル・パートナー

代表司法書士

小和田 大輔

保有資格

司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者
群馬司法書士会 第475号
簡裁訴訟代理認定番号 第307038号

専門分野

不動産登記全般、相続全般

経歴

群馬司法書士会所属。平成10年に横浜国立大学卒業後、大手ハウスメーカーに入社。同年に宅地建物取引主任者試験に合格。平成13年に退社後、平成15年に司法書士試験と行政書士試験に合格。平成16年に合同司法書士リーガル・パートナーを開業。同年に簡易訴訟代理認定を取得。平成17年に群馬県初の司法書士法人である、司法書士法人リーガル・パートナー開業。現在は、群馬県の太田市を中心に、桐生市、高崎市に事務所がある。群馬県の相続の専門家として、群馬県内の相続の相談に対応している。


サポート料金

相続放棄の最新記事

相続・遺言 無料相談受付中! 受付時間 平日9時~18時 0276-30-6880 無料相談の詳細はこちら