遺言作成サポート

遺言作成をご検討の方へ

遺言とは

遺言とは、遺言者の最終の意思を表したものです。
自分の財産について、誰に何を相続させるか、自由に決めることができます。

さらに、 財産に関する事項以外にも遺言で定めることができますが、遺言の内容に法律効果をもたらすことができる事項は、法律で決まっています。

この事項を『遺言事項』といいます。

なお、遺言は被相続人ごとに作成します。
また、遺言は、文字で残すことを原則とし、後日の改変が可能なビデオテープや録音テープなどは認められていません。

遺言の種類について

遺言書は、残された家族のために・・・

遺言書がない場合は、遺産分割協議で誰が何を相続するかIMG_03750013
話し合う必要があります。

しかしながら、何年も遺産分割の話し合いがまとまらず、実家が空家になって放置されていたり、不動産の名義が先代のままになっていたり、それで困っているという相談を多く受けます。

これらのケースは、遺産が多い少ないにかかわらず発生します。

このようないわゆる「遺産争続」の数は、10年前と比較すると2倍にもなっているといわれています。

うちの家族は仲が良いから大丈夫、と安心されているご家族であっても、残されたご家族のために、そしてご本人の思いを伝えるために、遺言をかかれることをお勧めします。   

遺言の保管と執行について>>
実際に作成した遺言の例>>

実際の公正証書遺言

※上記画像をクリックしてもサンプルがご覧いただけます。

  1. 遺言の書き直しについて

遺言の書き直しを検討してみませんか?

太田・足利相続遺言相談窓口が選ばれる理由

当事務所が選ばれる理由について詳しくはこちら>>

太田・足利相続遺言相談窓口の遺言作成サポート

p-yuigon

サポート サポート料金
遺言書作成(自筆証書) 50,000円~
遺言書作成(公正証書) 50,000円~
遺言の効力チェック 10,000円〜
証人立会い 10,000円~/名
遺言の保管 10,000円~/年
遺言執行 基本報酬額20万円+
(1億円以下の財産場合)財産×0.5%
(1億円~3億円の財産場合)財産×0.4%
(3億円以上の財産の場合)財産×0.3%

この記事を担当した司法書士

司法書士法人リーガル・パートナー

代表司法書士

小和田 大輔

保有資格

司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者
群馬司法書士会 第475号
簡裁訴訟代理認定番号 第307038号

専門分野

不動産登記全般、相続全般

経歴

群馬司法書士会所属。平成10年に横浜国立大学卒業後、大手ハウスメーカーに入社。同年に宅地建物取引主任者試験に合格。平成13年に退社後、平成15年に司法書士試験と行政書士試験に合格。平成16年に合同司法書士リーガル・パートナーを開業。同年に簡易訴訟代理認定を取得。平成17年に群馬県初の司法書士法人である、司法書士法人リーガル・パートナー開業。現在は、群馬県の太田市を中心に、桐生市、高崎市に事務所がある。群馬県の相続の専門家として、群馬県内の相続の相談に対応している。


サポート料金

相続・遺言 無料相談受付中! 受付時間 平日9時~18時 0276-30-6880 無料相談の詳細はこちら