兄弟のうち、弟に財産を残したいケース

状況

太田さんには二人の子供がおりますが、長男は若い頃から借金を作ることが多く、両親や弟にたびたび迷惑をかけていました。
自分が亡くなった場合には、長男には財産を一切残さず、次男に全ての財産を残したいと考えていました。
何も対策を行わずに亡くなってしまった場合、長男が次男を言いくるめて全て相続してしまう不安がありました。

 

当事務所からのアドバイス

次男が全ての財産を相続することができるように、遺言を作成することをお勧めしました。
遺言書に「全財産を次男に相続させる」と記載したとしても、長男には遺留分があるため、遺留分請求されてしまう懸念がありました。
そこで、遺言に「付言事項」として、「これまで長男がどれだけ家族に迷惑をかけたか」「長男には財産を残す意思がないこと」「次男への感謝の想い」などを記載しました。

 

結果

自分が亡くなった後に「長男に自分のこれまでの気持ちを伝えることができる」と喜んでくださいました。
また、仮に遺留分減殺請求を行った場合にどうするべきかも遺言に書いておいたため、次男も困ることがないだろうと安心してくださいました。

この記事を担当した司法書士

司法書士法人リーガル・パートナー

代表司法書士

小和田 大輔

保有資格

司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者
群馬司法書士会 第475号
簡裁訴訟代理認定番号 第307038号

専門分野

不動産登記全般、相続全般

経歴

群馬司法書士会所属。平成10年に横浜国立大学卒業後、大手ハウスメーカーに入社。同年に宅地建物取引主任者試験に合格。平成13年に退社後、平成15年に司法書士試験と行政書士試験に合格。平成16年に合同司法書士リーガル・パートナーを開業。同年に簡易訴訟代理認定を取得。平成17年に群馬県初の司法書士法人である、司法書士法人リーガル・パートナー開業。現在は、群馬県の太田市を中心に、桐生市、高崎市に事務所がある。群馬県の相続の専門家として、群馬県内の相続の相談に対応している。


サポート料金

遺言の最新記事

相続・遺言 無料相談受付中! 受付時間 平日9時~18時 0276-30-6880 無料相談の詳細はこちら