音信不通の親子の相続問題を解決したケース

状況

ご相談者のお父さまが亡くなり、相続が発生しました。

娘さんとお父さまは、20年以上音信不通であり、これまで父親の面倒は父親の兄弟がみていて財産管理を行っていました。今後娘さんはどのように相続手続きを進めていけばよいのかが分からない様子で、ご相談にいらっしゃいました。

 

司法書士からの提案

財産管理を兄弟が行っていたとしても、銀行などに問合せをしていけば相続手続きを進めることは可能であることを説明しました。

その後、必要な財産に合わせて相続手続きをしていくこをお話しました。

 

結果

財産管理を本人が行っていなかった場合でも、相続手続きを行うことができるということをお伝えし、不安であったお悩みを解決していただくことができました。

ニュースの最新記事

相続・遺言 無料相談受付中! 受付時間 平日9時~18時 0276-30-6880 無料相談の詳細はこちら